WordPress初心者におすすめ!無料で使えるプラグイン12選

こんにちは、chiakiです。

WordPressを約2年間使ってきて様々なプラグイン(50個ほど)を使ってきました。本当に使えるものから全然使えないものまで。

その中から、本当にオススメできる、かつ無料で使用することができるプラグインを12個ご紹介したいと思います。

 

まだ、WordPressの運営が初めてで、何を入れたらいいかわからない状態であれば、とりあえずご紹介するもの全て入れておけば大丈夫となっております。

 

ご紹介するプラグインをWordPressに入れることによって、以下のような機能が使えるようになります。

  • サイト統計情報が1クリックで見れるようになる
  • スパムコメントを自動削除してくれる
  • お問い合わせフォームを5分で設定できるようになる
  • サイトにアクセスが集まりやすくなる(SEO最適化)
  • 記事作成ページを編集し作業効率化できるetc…

などなど様々な利点があります。

 

また、最後にインストールすべきではないプラグインの見極め方もご紹介しますので、ぜひご参考にして下さい。

ユーザビリティ向上プラグイン

まずは、ユーザビリティ向上(使い勝手が良くなる)プラグインから。

WordPressのデフォルト機能だと、まだまだ不完全で、「あー、この機能(関連記事の表示やお問い合わせフォームの設置など)欲しいなぁ。」とか思う時があります。

しかし、今回ご紹介するプラグインを入れるだけで、基本的に必要な機能は全て揃うようになっていますので、ぜひ使い勝手の良いブログを作っていきましょう。

Jetpack

Jetpackは、運営している「サイト統計情報」などのデータが一目で把握できるようになるプラグインです。

サイトの基本データ(毎日のアクセス数、記事ごとのアクセス数、リンク元、検索キーワード)は、サイト運営していくにあたって、かなり役に立つデータなので、導入することをオススメします。

また、他にもJetpackには、多くの機能がたくさんありますので、詳しくは以下の記事をご参考にして下さい。

Akismet

Akismetは、あなたのブログをスパムコメントから自動で守ってくれるプラグインです。

どれだけ健全なブログ運勢を心掛けていても、ブログ運営をしている以上、スパムコメントは(ほぼ)100%のきます。例えば、僕のブログでも立ち上げ2ヶ月で200件以上のスパムコメントがきました。

スパムコメントがくる理由は定かではありませんが、あまりスパムコメントで一喜一憂していたら、時間が少し勿体無いな、という気がしますので、Akismetを導入して自動削除してもらいましょう。

Category Order

WordPressはデフォルト機能だとカテゴリーを並び替えることができないので、そんな時に役に立つのが「category order and taxonomy terms order(以下、category order)」です。

例えば、category orderを使うと、以下のようにカテゴリーを並び替えることができるようになります。

(気持ち程度)見やすくなりましたね!

僕の使っているテンプレートだと、ちょっとよさ伝わりにくいですが、カテゴリーが縦に配列されているテンプレートだと、かなり見やすくなってくるので、カテゴリーを並び替えて見やすくしてあげて下さい。

Contact Form 7

Contact Form 7はブログにお問い合わせフォームを作成することができるプラグイン。

以下のようなお問い合わせフォームが、5分たらずで作成できるようになっています。

お問い合わせフォームは、ブログを運営する上で必須コンテンツといっても過言ではないので、ぜひ作って設置して下さいね。

TinyMCE Advanced

TinyMCE Advancedはブログの記事作成の速度を向上させてくれるプラグイン。

特に僕のような「ビジュアルエディタ」で記事を作成したい人は、ほんとに必須です。このプラグインを導入するだけで、記事作成の作業時間が1.5倍ほど早くなります。

上記の画像のように、装飾枠が大幅に増やすことが可能になるので、装飾する手間が、一手間も二手間もはぶけるようになるんですね。

ビジュアルエディタの記事作成画面をオリジナルにカスタマイズできるようになるので、プラグインをインストールする事をおすすめします。

AddQuicktag

AddQuicktagは基本的に「テキストエディタ」で記事を作成する人向けのプラグインですが、僕のように「ビジュアルエディタ」で記事を作成していく人でも、かなり役に立ちます。

例えば、AddQuicktagをインストールすると、ビジュアルエディタページで、「Quicktags」という枠が追加されます。

AddQuicktagに設定したHTMLタグが、上記のように使えるようになるので、装飾スピードが更に向上します。

「HTMLタグ?そになれ?」って方でも、以下の記事を参考にしていただければ、設定できるようになっていますので、ご参考にして下さい。

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Postsは、サイドバーに記事のアクセスランキングを表示してくれるプラグイン。

「人気記事ランキング」などと表示させておけば、読者の目にとまる可能性がグンっと高まり、ブログ内を回ってくれる確立が上がります。

回遊率が上がれば、SEOにも良い影響がでますので、ぜひインストールして下さい!

WordPress Related Posts

WordPress Related Postsは記事下に関連記事を設定してくれるプラグイン。

このプラグインを使用すると、以下の画像のように、記事下に「関連記事」として、関連性の高い記事を表示してくれるようになります。

コチラも記事下に関連記事を表示されるだけで、回遊率の上昇に繋がりSEOにも効果があります。ので、ぜひインストールを。

SEO関連プラグイン

次に、SEO(検索エンジン最適化)に関連するプラグインをご紹介していきます。

僕たちは、基本的にGoogleやYahooなどの、検索エンジンからアクセスを集めていくので、SEOを効率よく攻略するのがアクセスを多く集めるポイントです。

なので、SEO面で強い味方になってくれる、プラグインをインストールして、より上位表示を狙ってアクセスを集めていきましょう。

All in One SEO Pack

All in One SEO Packは、各記事ごとに「タイトル」「ディスクリプション」「キーワード」の設定ができるようになるプラグインです。

タイトル、ディスクリプション、キーワードを各記事ごとに設定することによって、Googleに「この記事は○○についてだ!」を主張することができます。

その結果、Googleが正しく情報を受け取り、狙ったキーワードで上位表示する可能性がグンっと上がりますので、ぜひお使い下さい。

合わせて読みたい!

  • 記事準備中

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsも、Googleに正しく情報を受け取ってもらうためのプラグインです。

コチラは、何の設定することもなくインストールするだけでOKとなっていますので、サクッとインストールして使って下さい。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは、画像ファイルを圧縮してくれるプラグインです。

ブログの記事がある程度増えてくると、アップデートしている画像も増えて、その結果、サイト全体がファイルで重たくなっていきますよね。

サイトが重たくなると、サイトの表示速度が遅くなります。

となると、サイトが表示されるまでの間に、ページを閉じてしまうユーザーが増えて、アクセスが集まらないことも…(ネットを使っている側として、サイトが重たいのはダルいですよね?あいふぉーんの低速など。

サイトの表示はスムーズにするに越したことはないので、画像ファイルの軽くして、サイト表示速度を高めていきましょう。

Google AdSense関連プラグイン

さてさて、次は、Google AdSense(以下、アドセンス)に関連するプラグインのご紹介です。

アドセンスブログを運営しない場合は、必要ではありませんが、ネットビジネス初心者の方は、ほとんどの方がアドセンスブログから始められると思いますので、コチラもインストースをオススメします。

AdSense Integration WP QUADS

AdSense Integration WP QUADSは、設定さえ済ませば、1クリックで好きな場所に、アドセンス広告を表示させることが可能になってきます。

アドセンスコードも10個ほど設定できるようになっていますので、アドセンスに関連するプラグインは、AdSense Integration WP QUADSだけで十分かと。

使い勝手もかなり良いので、ぜひインストールして下さい。

まとめ:オススメしないプラグインの特徴

一通り、WordPressのプラグインをご紹介しましたが、最後に、インストールすべきではないプラグインの見極め方もご紹介します。

インストールすべきではないプラグインは最終更新が1年以上経過している(アップデートされていない)ものですね。

最終更新が数ヶ月ほどなら問題ないですが、数年間放置されているプラグインはセキュリティー面がかなり怖いので、導入しないことおすすめします。(数年間、最終更新されてないプラグインを導入してるブログに不具合が発生した事例もあります。)

ブログを運営していくにあたって、何よりも大切なのが、”健全なサイト運営を心掛けること”ですので、プラグインを導入する際は、最終更新日を確認することを強くおすすめします。

関連記事

  1. WordPress Popular Postsの使い方|サイドバーに人…

  2. Adsense Managerが見つからない?検索できない時の対策

  3. Google XML Sitemapsの設定方法について解説

  4. WordPressのプラグインをインストールと有効化させる方法

  5. WordPressの目次を記事内に作成する方法【プラグイン】

  6. category order and taxonomy terms o…

  7. TinyMCE Advancedの設定方法と使い方|作業効率化プラグイ…

  8. AdSense Plugin WP QUADSの設定方法と使い方を解説…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。