WordPressでCSS編集前の注意点!エラーの対策をしよう

こんにちは、chiakiです。

 

WordPressをカスタマイズする時は

基本的にCSSを編集しますが、

 

CSSは非常にデリケートで場所によっては

ほんの1文字間違えてしまっただけでも

以下の(↓)ようなことが起きてしまいます。

  • WordPressの画面が真っ白に
  • WordPressの画面が無数のアルファベットが表示される

 

 

僕の一例でいうと、

立ち上げたばかりのブログの

CSSをイジっていたら

以下(↓)のようになりました。笑

 

上記の画像は

WordPressのログイン画面で

もうビクともしません・・・汗

 

 

カスタマイズには慣れていたし

「変更するのは少しだけだから大丈夫だろっ!」

 

と、油断したらこの有り様です。(笑)

 

 

こうなると直すのに

膨大な時間がかかる上に

非常に面倒くさい・・・

 

 

なので、WordpressのCSSを

カスタマイズする前には

しっかり対策を取っておきましょう!

CSSを2ページ準備しておく

 

個人的に一番オススメしているのは

カスタマイズするCSSを2ページ用意しておく

って、やり方です。

 

 

2ページCSSを用意することで、

何か問題が生じれば

 

元々のCSS(別の1ページ)で

サクっと元通りにすればOKなので

非常に楽で便利ですね^^

 

これによりカスタマイズ時に発生する

トラブル回避率が一気に高まります。

 

 

上記のことは、

僕もCSSをカスタマイズする際は

絶対に行うようにしているので、

ぜひ活用してみて下さい!

 

CSSのバックアップを用意する

 

コチラは少々面倒くさいですが、

  1. CSSを2ページ準備
  2. CSSのバックアップを用意

 

2つを徹底して行うと、

より安心になりますね。

 

(僕も本当に大切な箇所の編集はバックアップも取るようにしています。)

 

 

バックアップは

カスタマイズされるCSSを

メモ帳なり何なりにして下さい。

 

 

それだけで、

いざって時に非常に役に立ちますので^^

 

まとめ

 

繰り返しお伝えしますが、

CSSは本当にデリケートです。

 

 

僕のエラーが発生したブログも

立ち上げたばかりのサイトだったので

よかったですが、

 

何百記事も投稿している

パワーブログだったらと思うと・・・ゾっとします。

 

 

「慣れてきた頃に事故をする」

まさにそのままの悲劇。

 

 

CSSを編集される前には、

しっかり対策をして

 

大切なブログに

エラーが起きないようにしていきましょうね!

 

関連記事

  1. WordPressのCSS編集後に反映されない時の対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。