WordPressのCSS編集後に反映されない時の対策

こんにちは、chiakiです。

 

WordPressをカスタマイズする際は

CSS変更するのが主な方法だと思いますが…

 

「CSSを編集したのに、サイトに反映しない!」って

ことがありますよね。

 

 

僕の経験上、

その原因考えられるのは以下の2つ。

  • CSSの入力ミス
  • キャッシュが残っている (←ほとんどこっち)

 

他にも原因がある場合はあると思いますが、

ほとんどの確立でどちらかなので、

これらの対処法についてご説明していきます!

CSSの入力ミス

 

CSSの入力は

恐らく、多くの人がほどんどコピペなので、

大きく間違えるってことはありえないかと思いますが、

 

たまに微妙な入力ミスが起きている場合があります。(笑)

 

 

個人的によく間違えるのが『カラーコードですね。

 

 

カラーコードは『#FFFFF;』みたいな感じで

構成されているかと思いますが、

 

最後の『;』これです。

 

 

こういう一文字を間違えるだけでも、

サイトには反映されなくなるで、

 

変更箇所の細かいところを

サクッと確認し足してあげるだけで

正常に反映させるようになります^^

 

キャッシュの削除

 

そして、もう一つはキャッシュの存在です。

(ほとんど、こっちの可能性が大きいかな)

 

 

PCを触り始めたての頃の僕のように

「キャッシュとはなんぞや?」って方が

少なからず居られるはずなのでかる~くご説明を^^

パソコンのキャッシュメモリーは、パソコンの処理速度を速くするための部品だ。具体的には、CPU と一般のメモリー(メインメモリー)との間にある、容量は少ないものの超高速で読み書きできるメモリーのこと。今は、ほとんどのパソコンに入っている。

出典:www.nttpc.co.jp

簡単に説明すると、キャッシュとはパソコンの記憶です。

 

パソコンにキャッシュ(記憶)が残っている状態だと

カスタマイズ後のサイトを反映させるのではなくて、

カスタマイズ前のサイトを反映させてしまうんですね。

 

ので、CSSを変更しても、

『サイトに変化がない』という状況が起ります。

 

 

だから、その場合は

パソコンのキャッシュ(記憶)を削除させ、

 

新しい記憶をインプットさせることで、

無事、カスタマイズ後のサイトが反映させると言う訳です。

 

 

 

なので、ササッと

パソコンのキャッシュを削除していきましょう!(笑)

 

 

僕は基本的に『Google Chrome』の

ブラウザを使用しているので

そちらでのご説明になります。

 

 

まず、右上にあるメニューをクリック。

 

 

 

メニューが表示されますので、

『履歴⇒履歴』へと進みます。

 

 

 

履歴画面にて、

『閲覧履歴データを消去する』とクリック。

 

 

 

そして、以下(↓)のように設定します。

  1. 次の期間のアイテムを消去『1時間以内』
  2. 閲覧履歴にチェック
  3. キャッシュされた画像をファイルにチェック
  4. 『閲覧履歴データを消去する』をクリック

 

以上でキャッシュの削除は完了です!

 

まとめ

 

CSSの入力ミスの確認も、もちろんですが、

キャッシュの削除は今後も頻繁に使用します。

 

Webサイトをカスタマイズして

「反映されないな~」と感じた時は、

ぜひキャッシュの削除をしてみて下さいね!

 

関連記事

  1. 賢威7でグローバルメニューの色を変更【文字・背景・マウスオーバー】

  2. WordPressのおすすめテーマ無料3選・有料8選【日本語対応】

  3. エックスサーバーで独自SSLの設定方法|無料で安全性を高めよう

  4. 賢威7で『続きを読む』をオリジナル画像にカスタマイズする方法!

  5. 賢威7のグローバルメニューを最上部に固定&スクロール追従させる方法

  6. エックスサーバーでWordPressを自動インストールする方法

  7. 賢威7でアイキャッチ画像のサイズをカスタマイズする方法!

  8. WordPressのテンプレートのインストール方法について詳しく

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。