TinyMCE Advancedの設定方法と使い方|作業効率化プラグイン

こんにちは、chiakiです。

ブログ記事を読者に気持ち良く読んでいただくためには、文字を装飾してユーザビリティを向上させるのは効果的です。黒色のフォントがズラっと書かれている中、赤色のフォントが出現するだけで、読者の目にとまり、その前後の文章を読んでいただくことができるんですね。

つまり、読者の潜在意識に「ここを読んで下さい。」と呼びかけることができるのです。

基本的にフォントの色や太さは、テキストエディタでHTMLタグを入力しなければいけないんですが、これがかなり面倒くさい。(笑)

そこで、Wordpressのプラグイン「TinyMCE Advanced」を使えば、ビジュアルエディタのまま1クリックでフォントのカスタマイズができるようになるので、ぜひTinyMCE Advancedを使用してみて下さい!

TinyMCE Advancedをインストール

TinyMCE Advancedは、WordPressのプラグインなのでインストールして有効化をしましょう。プラグインのインストール方法について不明の場合、以下(↓)の記事をご参考にしてください。

 

設定前の確認

TinyMCE Advancedの設定をする前に、ちょっと確認していただきたいことがあります。記事投稿画面で「ビジュアル/テキスト」の切り替えボタンってありますかね??

もし、上記の画像のように「ビジュアル/テキスト」の切り替えボタンが無いようなら、テキストエディタしか使用できませんので、ビジュアルエディタも使用できるように設定をしていただきたいです。

WordPressのメニューから「ユーザー→あなたのプロフィール」へとお進み下さい。

 

個人設定にある「ビジュアルリッチエディターを使用しない」のチェックを外します。

 

そして、もう一度、投稿画面を確認しに行くと「ビジュアル/テキスト」の切り替えが表示されるようになっています!

これで、TinyMCE Advanced設定前の準備はOKですね!

 

TinyMCE Advancedの設定方法

 

TinyMCE Advancedの有効化を終えると、WordPressのメニューから「設定→TinyMCE Advanced」へと進みます。

 

すると、TinyMCE Advancedの設定画面で、使用するショートコードと使用しないショートコードの確認ができます。

 

これらをドラッグ&ドロップで入れ替えていきましょう!

使いやすいと思うショートコードは、個々によって異なると思うので、色々試しながら必要と思ったものだけ設置してみて下さい!

 

TinyMCE Advancedの使い方

次に、TinyMCE Advancedの使い方について。解説ではフォントの色を変更していきますね!

まず、装飾するフォントに線引きをします。

 

そして、「A」のラベルを開き、変更する色をクリックします。

 

すると、線引きしていたフォントが赤色に変更しているのが確認できるはずです。

このようにして、TinyMCE Advancedを使いこなし、読者に好かれる記事を仕上げてみて下さい!

 

まとめ:AddQuicktagと合わせると尚良し

また、TinyMCE Advancedは、TinyMCE Advanced内に設定されたショートコードしか使うことができないですが、AddQuicktagというプラグインを使うことによって、オリジナルタグもビジュアルエディタで使用できるようになります。

「TinyMCE Advanced」と「AddQuicktag」を合わせることによって、記事の装飾は何でもできるようになるので、かなり作業が捗るようになります。

記事製作時間を削減すると、できるだけ短い時間で成果を上げれるようになるので、ぜひ導入してみて下さいね!

 

いかがでしたでしょうか?ご参考になれば幸いです。

関連記事

  1. category order and taxonomy terms o…

  2. Adsense Managerの使い方|表示されない時の対策は?

  3. AdSense Plugin WP QUADSの設定方法と使い方を解説…

  4. WordPressの目次を記事内に作成する方法【プラグイン】

  5. Contact Form 7の設定方法や使い方|チェックボックスでスパ…

  6. Adsense Managerが見つからない?検索できない時の対策

  7. EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方を詳しく解説…

  8. AkismetのAPIキー設定方法|スパム対策用プラグイン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。