サーチコンソールの登録の仕方|WordPressに関連付ける方法

こんにちは、chiakiです。

僕たちが検索エンジンからの流入を狙いSEOを攻略するに欠かせないWebツールが『サーチコンソール』です。

サーチコンソールとはGoogleが提供くれているサイト解析ツールのことで、我々、ブログ(WordPress)運営者なら絶対に登録すべきもの。サーチコンソールで、できる機能を言いだせばキリがないですが、超ザックリ言うと以下(↓)のような感じです。

  • インデックス速度の向上
  • サイト内の不具合管理
  • アクセスがあるキーワードの把握
  • 被リンク数の把握
  • 手動ペナルティーの確認
  • ネット(クローラー用)のサイトマップの作成etc…

 

これらサーチコンソールの機能全てを駆使する必要はありませんが、有能な無料ツールですので有難く使わせていただきましょう!

 

サーチコンソールの登録の仕方

 

サーチコンソールはGoogleのWebツールなので使用するならば、Googleのアカウントが必要です。Googleのアカウント、つまりメールアドレスの取得も無料ですので、まだの方は先にそちらを済まして下さい!

参考:フリーメールアドレスとは?Gmailの作り方を解説

 

ではでは、サーチコンソールの登録を進めていきましょう!

参考:サーチコンサール

 

サーチコンソールにログインしたら「プロパティを追加」をクリックします。

 

次に、登録するWebサイトのURLを入力。

 

「別の方法⇒HTMLタグ」を選択し、以下のメタタグ(コード)をコピーします。

WordPressのCSSにペースト

次に、WordPressのCSSを編集していきます。

WordPressのCSSは非常にデリケートで大切な場所なので、あまり編集をしたことがない方は以下(↓)の記事を先に確認することをオススメします。

 

では、Wordpressのメニューから「外観→テーマの編集」へお進み下さい。

 

ファイルの中から「テーマヘッダー」を選択。もし「テ-マヘッダー」や「ヘッダー」など見当たらない場合は「header.php」を選択して下さい。

 

そして、Ctrl+Fで検索窓を</head>を入力し検索。

 

</head>コードがフォーカスされるので、その上部にサーチコンソールのメタタグコードをペーストします。

 

そして『変更の保存』をクリックすれば、サーチコンソールの登録完了です。一度、サーチコンソールに戻り関連付けが正確にできているか確認して下さい!

上記のように、「所有権が確認されました。」と表示されれば、正常に関連付けが終了したということですね^^

 

まとめ

 

今回ご紹介した「サーチコンソール」に関する使い方の記事は、9月中にアップしようと思います。恐らく中旬には完成するかと思いますので、完成したらこの記事にも掲載しますね!

また「サーチコンソール」以外にも、「Googleアナリティクス」というWebツールがオススメです。このGoogleアナリティクスは、ユーザーの滞在時間や回遊率など他にも様々なユーザーの行動が手に取るようにわかるようになります。

以下(↓)の記事にて「Googleアナリティクス」の登録方法を記載しているので、ご参考までに^^♪

 

いかがでしたでしょうか?ご参考になれば幸いです。

関連記事

  1. Skypeの改行をエンターキーでする方法|誤送信ストレスからの解放

  2. Googleアナリティクスの設定方法を解説

  3. WordPressのテンプレートのインストール方法について詳しく

  4. 賢威7でGoogleアナリティクスをサクッと設置しよう!

  5. エックスサーバーでWordPressを自動インストールする方法

  6. エックスサーバーの新規契約方法について解説

  7. WordPressのおすすめテーマ無料3選・有料8選【日本語対応】

  8. WordPressのパーマリンク設定でSEO最適化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。