PS Auto Sitemapの設定方法と使い方|目次コンテンツの作成

こんにちは、chiakiです。

漫画やビジネス書などの書籍に目次が用意されているように、ブログでも全体像を把握できる目次ページを用意した方が読者にとって理想的なブログに仕上がります。

別記事で紹介した「Table of Contents Plus」は、記事本文に目次を作成するプラグインですが、「PS Auto Sitemap」はブログコンテンツ全体の目次を作成するプラグイン。

記事本文の目次もブログコンテンツ全体の目次も両方大切ですが、今回は後者の方をご紹介していきますね!

PS Auto Sitemapのインストール

PS Auto Sitemapは、WordPressのプラグインなのでインストールして有効化をしましょう。プラグインのインストール方法について不明の場合、以下(↓)の記事をご参考にしてください。

参考:WordPressのプラグインをインストールと有効化させる方法

PS Auto Sitemapの設定方法

では、PS Auto Sitemapの有効化が終わると、WordPressのメニューから「設定→PS Auto Sitemap」へと進みます。

 

PS Auto Sitemapページの最下部にショートコードが表示されているのでそちらをコピー。

 

コピーすると、WordPressのメニューから「固定ページ→新規追加」をクリック。

 

そして、「ビジュアルエディタ→テキストエディタ」へと切り替えます。

 

切り替えると、タイトルを入力し、PS Auto Sitemapのショートコードを貼りつける。

 

そのまま固定ページ作成画面のURLにフォーカスし、URLの「post=722」となっている部分の数字(722)をコピーします。

 

コピーしたら、PS Auto Sitemapの設定ページへと戻り、「サイトマップを表示する記事」に、さっきの数字(722)を入力します。

 

そして、固定ページから作成した目次を確認しにいくと・・・

 

無事、目次が完成していますね!

このまま終わってしまっては、ただ目次を作成しただけなので、目次をグローバルメニューなどに設定してユーザーに届けましょう!

以上のことで、ブログコンテンツ全体の目次の作り方は終了です。

まとめ

WordPressのプラグインには様々なものがあります。PS Auto Sitemapのようにユーザビリティを上げるものや、SEOをアップさせるものまで。

ブログパワーは最大限まで高めた方が、より素晴らしいブログが完成しますので、僕が推奨している16のプラグインも、よかったら導入してみてください!

 

いかがでしたでしょうか?ご参考になれば幸いです。

関連記事

  1. Jetpackの設定方法と使い方について詳しく解説

  2. EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方を詳しく解説…

  3. Adsense Managerの使い方|表示されない時の対策は?

  4. AkismetのAPIキー設定方法|スパム対策用プラグイン

  5. WordPressのプラグインをインストールと有効化させる方法

  6. WordPress Related Postsの設定方法や使い方

  7. WordPress初心者におすすめ!無料で使えるプラグイン12選

  8. Adsense Managerが見つからない?検索できない時の対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。