賢威7で関連記事を記事下に自動表示させるカスタマイズ!

こんにちは、chiakiです。

 

今回は、賢威7

記事下にプラグインなしで

関連記事を自動表示させる

カスタマイズについて解説します。

 

 

記事下の関連記事は、

ユーザーの回遊率を向上させる上に

SEOパワーもアップしします。

 

 

ので、絶対に表示させることを

オススメする機能なので

 

ぜひ当記事を見よう見まねで

カスタマイズを進めて下さい!

賢威7で関連記事を記事下に表示

 

まずは、一般的な関連記事の表示から。

 

 

賢威7の記事投稿ページにて、

『関連記事設定』というページが

あることはご存知でしょうか??

 

 

以下(↓)の設定を行うと

簡単に関連記事を表示させることが可能です。

  1. 【カテゴリー】同じカテゴリーの記事を表示させる場合はチェック
  2. 【タグ】同じタグの記事を表示させる場合はチェック
  3. 【個別記事】個別表示させたい場合「記事タイトル」と「記事URL」を入力

 

 

例えば、

カテゴリーにチェックを

入れた状態がコチラです。

 

関連記事が表示されていますね!

 

一般的には以上のことで

賢威7で関連記事を表示させる方法は

終了になります。

 

自動表示させるカスタマイズ

 

しかし、

毎度チェックを入れるのは

面倒くさいし、

 

何より、

うっかりと忘れてしまう時がありますよね。

 

 

そんな時は、

賢威7のCSSをカスタマイズする事によって

 

毎回、記事下に関連記事を

表示させることが可能になります。

 

 

カスタマイズする際は、

CSSを編集しますので、

 

慣れていない方は

先に以下(↓)の記事をご確認下さい。

 

 

ではでは、Wordpressを開き

『外観⇒テーマ編集⇒テーマのための関数』

へと、お進み下さい。

 

 

コチラのページから、

  1. 同じカテゴリーを自動で関連表示に
  2. 同じタグを自動で関連表示に

 

以上の2つを

設定することができますので

順番にご紹介していきます。

 

お好きな方を設定して下さい^^

 

 

同じカテゴリーを関連表示に

 

まずは、

同じカテゴリーを関連表示させる

カスタマイズです。

 

以下(↓)の手順でお進み下さい。

  • Ctrl+Fで検索窓を出し「カテゴリから取得する」と入力

 

 

次に、

以下(↓)の箇所をカスタマイズします。

 

【変更前】

 

【変更後】

 

 

以上のことで、

賢威7で同じカテゴリーの関連記事が

自動表示させるようになっています。

 

 

同じタグを関連表示に

 

まずは、

同じタグを関連表示させる

カスタマイズです。

 

先ほどと同じ手順でお進み下さい。

  • Ctrl+Fで検索窓を出し「タグから取得する」と入力

 

 

そして、

以下(↓)の箇所をカスタマイズします。

 

【変更前】

 

【変更後】

 

 

以上のことで、

賢威7で同じタグの関連記事が

自動表示させるようになっています。

 

 

それぞれの設定を終えると、

記事下をご確認してみて下さい^^

 

まとめ

 

繰り返し申し上げますが、

記事下の関連記事の表示は

SEO面でも非常に効果があります。

 

Googleの調べでは、

滞在時間が10%も向上すると

正式に発表されていました。

 

Googleの関連コンテンツでですが^^;)

 

 

しかし、賢威7の関連記事でも

対して変化はないはずです。

 

 

Webサイトのユーザビリティを向上させ

読者により多くの記事を確認してもらえる

ブログを構築していきましょう^^

 

 

いかがでしたか?ご参考になれば幸いです。

 

関連記事

  1. 賢威7でグローバルメニューの色を変更【文字・背景・マウスオーバー】

  2. 賢威7で『続きを読む』をオリジナル画像にカスタマイズする方法!

  3. 賢威7でグローバルメニューを設置する方法について解説

  4. 賢威7で見出しをカスタマイズ!おしゃれデザイン6選【コピペ】

  5. 賢威7のグローバルメニューを最上部に固定&スクロール追従させる方法

  6. 賢威7でファビコンをたった1分でカスタマイズ!

  7. WordPressでCSS編集前の注意点!エラーの対策をしよう

  8. WordPressのCSS編集後に反映されない時の対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。