Jetpackの設定方法と使い方について詳しく解説

こんにちは、chiakiです。

今回は、WordPressのプラグイン「Jetpack」の設定方法や使い方について解説していきます。

僕のブログでも、無料で使えて便利なプラグインをご紹介していますが、「Jetpackの何が良いかっ!?」と言うと、「サイト統計情報」を一目で確認できるところでしょう。

ブログデータの解析ツールは、「Google アナリティクス」などもありますが、サクッと確認する程度なら、1クリックでサイト統計が見れる「Jetpack」の方が便利だな、と個人的に思っています。

 

その他にも、Jetpackを使うと、ツイッターも簡単に引用することができるのは便利な機能ですね。

個人的には、このツイッター引用方法は、レイアウト的にも綺麗なので、かなり気に入っています。

設定や使い方も、それほど難しいものではありませんので是非とも活用してみて下さい。

Jetpackの設定方法

プラグインをインストール→有効化

では、最初に「Jetpack」の設定から始めていきましょう。

WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」へと進みます。

 

次に、右上の検索ボックスに、プラグイン名(Jetpack)を入力し検索。

 

すると、Jetpackが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

 

インストールが完了すると、「有効化」をクリック。

以上のことで、有効化までの手順は完了ですね。

続いて、WordPress.comの連携もしていきましょう。

JetpackとWordPress.comの連携

Jetpackの有効化まで終わると、WordPressの管理画面に「Jetpack」が追加されていますので、「ダッシュボード」を選択して下さい。

 

そして、Jetpackのトップページにある「WordPress.comの連携」をクリックします。

 

そしたら、以下のページに移りますので、「アカウントを新規作成」をクリックします。

 

WordPress.comの新規アカウント作成をしないといけないので、以下の3点を記入してから設定完了へ。

今後、使う機会はあまりないですが、念の為WordPress.comの

  • ユーザーID
  • パスワード

の2つはメモしたり、バックアップしたりして管理することをお勧めします。

 

次に、パッケージ画面が出てきます。

Jetpackは無料でも十分過ぎるほどの機能がありますので、下にちっさく表示されている「Start with free(無料登録)」をクリックします。

以上のことで、Jetpackの設定方法が全て完了です!

続いて、使い方についてご説明していきますねー!

Jetpackの使い方

JetpackとWordPress.comの連携が完了すると、Jetpackに以下の3つが表示されているかと思います。

でも、基本的に使用するのは、ダッシュボード以外の

  • 設定
  • サイト統計情報

なので、これら2つについてご説明していきますねー!

設定

設定を開くと、上部のメニューバーに

  • Writing(ライティング)
  • Sharing(シェアリング)
  • Discussion(ディスカッション)
  • Traffic(トラフィック)
  • Security(セキュリティ)

の5つが表示されています。

 

これらも正直、全部が全部使う事はないので、個人的に必要だと思っている

  • Sharing(シェアリング)
  • Traffic(トラフィック)

だけご説明していきます!

Sharing(シェアリング)

シャアリングで変更したいのは、記事下に表示されている「共有」「いいね」の削除です。(一度、記事を見て確認してみて下さい!)

個人的に記事のレイアウト的に、これはいらないかなー。という感じなので、削除をお勧めしています。

 

削除方法は、シェアリングの「Sharing buttons」「Like buttons」のボタンをOFFにするだけとなっています。

これで、記事下の「共有」「いいね」が削除されています!

Traffic(トラフィック)

トラフィックで変更したいのは、「共有」「いいね」の下部に表示されていた「関連」の削除です。

関連記事の表示方法は、アドセンスの「関連コンテンツユニット」や、プラグインの「WordPress Related Posts」を使った方が、レイアウト的に綺麗なので、削除をオススメしています。

 

削除方法は、トラフィックの「投稿の後に関連コンテンツを表示」のボタンをOFFにするだけとなっています。

これで、記事下の関連も削除されます!

サイト統計情報

サイト統計情報は画像のまんまですね!

WordPressの管理画面→Jetpack→サイト統計情報を開くと、画像のページに移行します。

サイト統計情報で「アクセス数」「リンク元」「検索キーワード」「記事ごとのアクセス数」などをご確認していただき、アクセス解析の目安にして下さい!

 

また、トップページに、以下の画像のようなグラフも追加されているはずですので、グラフをクリックすると、サイト統計情報に直接移行することも可能です^^♪

補足:Jetpackを使用するとこんなこともできますよ!

基本的な設定方法や使い方のご説明は以上で終わりですが、その他Jetpackでできる便利機能についてご紹介していきます!

ツイッターからの引用

冒頭でもご紹介した、ツイッターの引用。

 

こちらの使用方法は、以下のツイートを参考にしていただければ。

以上のことで、WordPressの記事にツイッターを埋め込むことができます。

他にも、ツイッターを引用する方法は色々ありますが、今回ご紹介した方法が一番簡単ですので、ぜひお使い下さい。

 

その他にも、僕がオススメしているWordPressのプラグインなどをご紹介した記事があります。

僕が基本的におすすめしているプラグインは全部で12個ですが、

参考:WordPress初心者におすすめ!無料で使えるプラグイン12選

関連記事

  1. Google XML Sitemapsの設定方法について解説

  2. WordPress初心者におすすめ!無料で使えるプラグイン12選

  3. Adsense Managerが見つからない?検索できない時の対策

  4. category order and taxonomy terms o…

  5. WordPressの目次を記事内に作成する方法【プラグイン】

  6. Contact Form 7の設定方法や使い方|チェックボックスでスパ…

  7. EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方を詳しく解説…

  8. AddQuicktagの設定方法や使い方|作業効率化プラグイン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。