Google XML Sitemapsの設定方法について解説

こんにちは、chiakiです。

「Google XML Sitemaps」は、「PS Auto Sitemap」「Table of Contents Plus」などのユーザビリティに関する目次設定ではなく、Googleのクローラー用の目次を作成するためのものです。

インターネット上にも、しっかりと目次を作成してあげていると、クローラビリティが上昇し頻繁にクローラーが、あなたのブログを巡回してくれるようになります。すると、SEOやインデックス速度に良い影響が出るのでお得というワケですね。

検索エンジンからの流入で集客をする我々にとって、Googleから好かれるようにサイト作りをするのは、基本中の基本ですので「Google XML Sitemaps」を導入し、ぜひGoogleに好かれるブログ構築を進めて下さい!

 

Google XML Sitemapsの設定方法

Google XML Sitemapsは、WordPressのプラグインなのでインストールして有効化をしましょう。プラグインのインストール方法について不明の場合、以下(↓)の記事をご参考にしてください。

 

Google XML Sitemapsは、基本的に有効化させるだけで大丈夫なのですが、正常に、Google XML Sitemapsが機能しているか確認をします。

WordPressのメニューから「設定→XML Sitemaps」へと進みます。

 

そして、以下(↓)の画像のように「Googleは変更について正しく通知されました。」「Bingは変更について正しく通知されました。」の文字が確認できれば、正常にネット上の目次の作成が完了しているということです。

もし「Googleは変更について正しく通知されました。」「Bingは変更について正しく通知されました。」の文字が確認できないのであれば、まだ1記事も投稿していない段階ではないでしょうか?

その場合、ネット上に目次を作ることはできませんので、1記事投稿した後にまた確認をしてみてください!

 

まとめ

 

Google XML SitemapsのようにSEO関連で導入すべきプラグインや、その他のユーザビリティ関連でも、まだオススメしたいプラグインが沢山あります。

導入すべきプラグインについて迷っていらしたら、ぜひ僕が推奨するプラグインを入れてみて下さいねー!

 

いかがでしたでしょうか?ご参考になれば幸いです。

関連記事

  1. WordPressのプラグインをインストールと有効化させる方法

  2. TinyMCE Advancedの設定方法と使い方|作業効率化プラグイ…

  3. category order and taxonomy terms o…

  4. EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方を詳しく解説…

  5. AdSense Plugin WP QUADSの設定方法と使い方を解説…

  6. AkismetのAPIキー設定方法|スパム対策用プラグイン

  7. Adsense Managerの使い方|表示されない時の対策は?

  8. WordPress初心者におすすめ!無料で使えるプラグイン12選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。