ブログ記事がインデックスされない!速度をアップさせる4つの方法

こんにちは、chiakiです。

ブログ立ちあげ初期の頃だと記事更新した後、検索結果を確認しにいくと「インデックスがされない」ってことが、度々、起こりますよね。

特にトレンド系の速報記事なら、インデックス速度がとても大切になってくるので1分・・・いやっ、1秒でも早くインデックスされたいところ…orz

なので、実際に僕がインデックス速度をアップさせている4つの方法についてご紹介してきます!僕のブログは基本的に記事公開~インデックスまで10秒ほどです・・・。ので期待して閲覧して下さい!

インデックスされるまでの基本

サイト(ブログ)記事が検索エンジン上にインデックスされるには、Googleのクローラーにあなたの記事を認知されなければなりません。

※ Googleクローラーについて解説。

Googleクローラーとは、簡単に言うとインターネット上の警備員です。クローラー(警備員)が定期的にインターネットをグルグルと巡回(パトロール)しGoogleに各Webサイトの現状を報告します。

つまり、Googleのクローラーが巡回しないサイトであればいつまで経ってもインデックスされないし、クローラーが頻繁に巡回してくれるサイトであれば即インデックスされます。

なので今回ご紹介する5つの方法を使えば、あなたのサイトがクローラーに巡回してもらいやすくなるので、インデックス速度がアップする訳です。

 

インデックス速度をアップさせる4つの方法

記事の更新頻度を上昇させる

まず、一番理想的なのは記事の更新頻度を上げることです!ベストで言えば、毎日更新ですかね。(いきなりつまらないこと言ってすみません…orz)

毎日更新しているサイトはGoogleの評価から評価されやすく、クローラーの巡回率が大幅にアップします。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”R1″ icon=”google.png” name=”Google先生”]クローラーくん、今日も各サイトの巡回(パトロール)よろしくね~。[/speech_bubble][speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”kurora.jpg” name=”クローラー”]は~い。(適当に)行ってきま~す。

さて、今日はどこでサボろうか・・・ん・・・?このサイト(chiaki-8.com)最近、噂で聞いていたやつだな。どれどれちょっと中身を・・・おっ、毎日更新して頑張ってるな~。

もう巡回したくない(サボリたい)し、このサイトを軸にGoogle先生に報告するか!(キリッ[/speech_bubble][speech_bubble type=”rtail” subtype=”R1″ icon=”google.png” name=”Google先生”]えっとー、今日の作業報告は・・・なるほどchiaki-8.comが毎日更新して頑張ってるのか。そしたら、毎日・・・いやっ10分に一度はクローラーくんを巡回させようか。

クローラーくん頑張ってね![/speech_bubble][speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”kurora.jpg” name=”クローラー”]10分に一度ですかっ!?(めんどくさっ。)

まぁ、あのサイト”chiaki-8.com”は頑張ってるし評価してあげましょうか![/speech_bubble]

ブログの記事を毎日更新しているとグーグルが「あっ、このWebサイトは毎日ブログを更新していて価値があるな・・・頻繁に確認してやるかっ!!」という気持ちになり、クローラーが頻繁に自ブログを巡回してくれるようになります。

つまり、クローラーがGoogleに対して「○○サイトはダメだね。一年も放置してるよ。もう運営していないんじゃない?」と報告すれば、もうGoogleが自サイトを見回る必要はない。と判断し巡回されなくなります。

僕の経験上、一ヶ月も毎日更新していれば、10秒ほどでインデックスされるようになるので、Googleからの評価を高めるためにも初期段階はできるだけ多くの記事を投稿することを心掛けるといいですね!

もし「毎日、記事投稿するの苦手だなー。」って方は、コチラの記事を閲覧して下さい。少しでもご参考までに^^♪

参考:ブログを毎日更新する5つのコツ!”デキル自分”になろう!

 

Google XML Sitemapsのインストール

『Webサイト』『ビジネス書』『漫画』に目次を設置した方がユーザビリティが向上するように、インターネット上にもクローラー用の目次を作成しクローラビリティを向上させた方がクローラーが喜び巡回頻度が高くなります。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”kurora.jpg” name=”クローラー”]オレが楽して巡回できるサイトにしてくれよ~。

Google XML Sitemaps(目次)の設置すらなかったら、あんたのサイト巡回してやらねぇからな![/speech_bubble]

Google関係の検索エンジンからの集客を軸にするコンテンツSEOでは、Googleや従業員?のクローラーさんの機嫌を損ねてはなりません。

クローラーさんとか言ってるけど、Googleのプログラムだから機嫌もなにもないんですけどね。(笑)

しかし、クローラー用の目次を作成するべきなのは事実。プラグインを使うと簡単に作成できるのでサクッと設置してみて下さい!

参考:Google XML Sitemapsの設定方法について解説

 

もし、ブログに目次コンテンツを設置していないようなら、コチラもユーザビリティ的に作っていた方が良いので、以下の記事をご参考にして下さい。

参考:WordPressに目次ページを作成するプラグインPS Auto Sitemapを解説

 

PubSubHubbubのインストール

PubSubHubbubもWordpressのプラグインです。有効化させておくだけで記事の更新情報をRSSリーダーに伝達してくれます。

これだけで、インデックス速度をアップさせる効果や、記事の盗作防止の効果などに繋がります。

参考:PubSubHubbub(パブサブハブバブ)の設定方法と使い方を解説

 

Fetch as Googleを使用する

最後にサーチコンソールの機能である『Fetch as Google』を使用する方法です。

『Fetch as Google』はすごく便利な機能で、クローラーを強制的に自分のブログに呼び起こしインデックスさせる110番通報みたいなものです。

この機能を使用するにはサーチコンソールの登録が必要なので、未登録の場合は先に登録の方を進めて下さい!

参考:サーチコンソールの登録の仕方|賢威7に関連付けよう

 

 

では、『Fetch as Google』の使用方法について解説します!

 

サーチコンソールのダッシュボードを開き、メニューから『クロール⇒Fetch as Google』へと進みます。

 

表示される赤枠内にURL(パーマリンク)を記入し『取得』をクリックします。

 

以上のことでクローラーを強制的に呼び起こせます。

『Fetch as Google』を使用しても、インデックスまで時間が掛かってしまう場合もありますが、立ち上げ直後のブログでも、しっかり運営されていれば5分以内でインデックスさせるようになるので、ぜひ活用して下さいね!

 

ブログ記事がインデックスされたか簡単に確認する方法

以上の4つの方法でインデックス速度をアップさせる4つの方法は終了ですが、ブログ記事がインデックスされたか簡単に確認する方法も掲載しますね!

Googleの検索窓に、以下の記入し検索してみて下さい。

◆ site:記事URL

記事URLでは『https://chiaki-8.com/blog-index』のように全て記入して下さい。

もし、インデックスされているようなら、以下(↓)のように表示されます。

 

インデックスがされてないようなら、以下(↓)のように表示されます。

 

これら方法でインデックスの確認が、ササッと出来るので記事更新後はインデックス速度を確かめる意味でも、一度検索をしてみて下さい!

 

まとめ

今回ご紹介した、インデックス速度を高める4つの方法を試してもらえると本当に10秒とかでインデックスがされるようになります。

インデックス速度を高めれば、直接的にアクセスUPにも繋がっていきますので、ぜひご参考にしてみて下さいねー^^

関連記事

  1. ブログを毎日更新する5つのコツ!”デキル自分”…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。