アドセンス狩り2つの対策!他サイト転載のブロック方法について

こんにちは、chiakiです。

Googleアドセンスは他のアフィリエイト広告と比べて規約違反は厳しいことで有名ですよね。なので、アドセンスユーザーは利用規約を厳重に守っているかと思いますが、他者の悪事によってアドセンスのライセンスが停止してしまうことも少なくないようです。

それが、俗に言う「アドセンス狩り」というやつですね。

アドセンスのライセンスは一度でも停止処分になってしまうと、二度と自分名義では利用することができなくなるぐらい厳しいんです。なので、ご自身でも「アドセンス狩り」の被害に遭わないように、しっかりと対策をしていきましょう!

アドセンス狩りとは?

アドセンス狩りとは、極端に言うと、他者の悪事によってアドセンスが停止処分になることですが、基本的に他人のアドセンスライセンスを停止させるには、以下(↓)の方法があります。

アドセンス狩りの手法

  • アドセンスの不正クリック
  • 規約違反サイトへのアドセンスコードの転載

アドセンスの不正クリック

アドセンスの規約違反の中は「自分が広告をクリックすることを禁じる」「クリックの誘導を禁じる」などがありますね。まあ、たまーにぐらいは同じIP(端末)から複数のアドセンスクリックが確認できても、Googleは黙認しますが、同じIP(端末)からのクリックからあまりに酷いとライセンス停止へと繋がるワケです。

Googleが黙認している状態の時は、「アドセンスのクリック単価が低い!1円が発生する原因や対処法」の記事でも紹介した、クリック単価1円が発生する理由ですね。

要するに、あなたのブログやサイトに嫌悪感を抱いた悪徳読者が、あなたへの嫌がらせとしてアドセンス広告を連打クリックするというわけです。その結果、Googleは、「クリックを誘導or自分でクリック」しているなと勘違いしてアカウントがBANされます。

規約違反サイトへのアドセンスコードの転載

アドセンス規約には広告を掲載してはダメはコンテンツが存在しますよね。例えば、以下(↓)のような。

アドセンス禁止コンテンツ

  • アダルトコンテンツ
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
  • アルコールに関連したコンテンツ
  • タバコに関連したコンテンツ etc…

あなたはアカウントの持ち主なので、規約違反のコンテンツにアドセンスを掲載することはないかと思いますが、他者があなたのアドセンスコードを勝手に取得して、規約違反コンテンツに掲載することがあるんですね。

しかも、アドセンスのコードって、誰のでも簡単にパクれるようになっているんですよ。(笑)

例えば、アドセンス広告を掲載している記事を開き、右クリックでメニューを出し「ページのソースを表示」をクリックします。

 

そしたら、以下(↓)の画像のようにソースが表示されるわけです。その中にアドセンスコードが記載されているんですね。

なので、誰でも簡単に、しかもあっさりと他人のアドセンスコードを取得できてしまうのです・・・(笑)

アドセンス狩り2つの対策

誰でも簡単にアドセンスコードを盗めるからこそ、我々はしっかりと「アドセンス狩り」の対策をしておかねばなりません。アドセンス狩りの対策は、以下(↓)の2点さえしてもらえたら!

アドセンス狩り2つの対策

  • 不正クリックをGoogleに申告
  • 登録サイト以外の転載をブロック

不正クリックをGoogleに申告

まず、不正クリックっぽいことを確認できれば、Googleに申告するのが一番ですね。不正クリックを感じ取る方法は、クリック単価が1円になるのもそうですが、以下(↓)のようなことが起きてもGoogleに申告していた方が無難ですね。

Googleへの報告基準

  • クリック率が4%以上+単価が5円ほどの時

クリック率が3%とかは、僕もちょくちょくあるので無視しても大丈夫ですが、「4%はいき過ぎかな~。」って、個人的に思っています。また、不正クリックはクリック単価に影響が出やすく1日平均が5円とかなら要注意。

その場合、Googleの「無効なクリックの連絡フォーム」より、申告しておきましょう!リンクをクリックすれば、以下(↓)のページに移行するので記入項目を埋めて「送信」をクリック。

 

記入項目でわからないところがあれば、記入しなくてもOKですが、「サイト運営者ID」は必須ですので確認方法を。アドセンスの管理画面へログインし「設定→アカウント情報」をクリック。

 

そしたら、「サイト運営者ID」が表示されるので、そちらを記入して下さい。

無効なクリックの連絡フォームに申請しても、Googleから返信は返ってきませんので申告するだけで大丈夫です。

他サイト転載のブロック方法

アドセンス狩りの対策として絶対にすべきなのが「他サイトへの転載をブロック」すること。これをすることで、自分が登録したURL以外のサイトへアドセンス広告が掲載されても無効化されます。なので、絶対防御的な感じですね!

他サイトへの転載をブロックするには、アドセンスの管理画面へログインし「設定→自分のサイト」へと進みます。

 

サイト管理画面を開くと、右上の「+」をクリック。

 

そして、登録するブログのURLを入力し「サイトを追加」をクリックします。

 

以下(↓)の画像のように、登録したブログのURLが追加されていれば登録完了です!

 

次に、アドセンスに登録しているブログ以外へと転載を防止する設定を。「設定→自分のサイト」のサイト管理画面を開き、微妙な位置にある記号をクリックします。

 

そして、「サイトの認証」をクリック。

 

すると、所有権を確認したサイトだけに広告コードの使用を許可する、というスイッチがあるので、そちらを「OFF→ON」へして下さい。

以上のことで、アドセンスを他サイトへ転載することを禁じたので、アドセンス狩りの被害に遭うことは絶対にありません!(アドセンスのアカウントを盗まれること以外)

まとめ

アドセンス狩りの対策ができれば、安心してアドセンス収益をガンガン伸ばすことができますね!僕のブログでもアドセンスの攻略法について多く発信しているので、他の記事にご参考に!

 

いかがでしたでしょうか?ご参考になれば幸いです。

関連記事

  1. アドセンスで「スポンサーリンク」や「広告」ラベルの表示方法

  2. アドセンスが稼げないはウソ!見直すべき8項目

  3. コピペでOK|アドセンスブログにプライバシポリシーの表示方法

  4. AdSense Plugin WP QUADSの設定方法と使い方を解説…

  5. Adsense Managerの使い方|表示されない時の対策は?

  6. アドセンスのクリック単価が低い!1円が発生する原因や対処法

  7. 関連コンテンツユニットの設置方法は?300万PVの収益データも公開

  8. アドセンスのクリック率を雑記ブログで平均2.4%に上げる配置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。